産婦人科で低用量ピルを購入する

低用量ピルは女性の誰もが知る経口避妊薬で、女性ホルモンに似たエストロゲンとプロゲステロンを混合した飲み薬です。
服用すると体内のホルモンバランスが妊娠したときと同じような状態になることで、脳が妊娠したと錯覚して排卵が抑制されます。
その結果、受精や着床が不可能となり、99%の確率で避妊が成功するという仕組みです。
低用量ピルは避妊が主目的となっていますが、その他にもホルモンバランスを安定化させることで、様々なメリットがあります。
月経の周期が安定することで生理不順を改善したり、ニキビが出来にくくなるので予防に使えたり、子宮体がんなどのリスクを下げることにも役立ちます。
使い勝手の良い避妊薬ですが医師の処方が必要な医薬品ですので、購入するには産婦人科で医師の診察を受けてから購入する必要があります。
問診票に軽く記入をし、医師との問診で問題がなければすぐに処方されるもので、未成年や50代の高齢者など年齢制限もないのが特徴です。
ただし、使用には幾つかの条件があり、高血圧、喫煙者、肝障害のある人などは処方ができないこともあります。
基本的に低用量ピルは健康保険が使えないことから、最近では海外の通販サイトから購入する人も多くいますが、初めて低用量ピルを使用する人は利用しない方がいいでしょう。
何度も服用して、自分に合ったピルを見つけている人なら良いのですが、自分の体に合うものかどうかも分からず、使い方もあやふやな人は利用しても副作用などによって体の調子を悪くしかねない可能性があります。
専門の医師から使い方を指導してもらい、正しく使うことが重要となるので、まずは産婦人科などで処方してもらうのが良いでしょう。

低用量ピルの服用方法と値段

女性の中には生理痛がひどく毎月辛い思いをしてるという方もいらっしゃるかも知れません。
そんなかたにひとつの解決方法として低用量ピルというのがあります。
正直日本ではまだ浸透しておらずあまり良いイメージを持っていない方も多いかもしれません。
しかし低用量ピルはただの避妊のためのではなく女性にとってメリットがたくさんあるものなのです。
そのひとつとして生理痛の緩和があります。この言い方には少し語弊があり、正確には生理痛をなくすことが出来ます。
なぜかというと生理がこないからです。それは無理やり生理をとめるとかではなく、体に妊娠していると錯覚させることで生理をとめるのです。
ですから生理は止まるのですが妊娠してると錯覚するということはつわりに似た症状が出る方もいらっしゃいます。
それを考えると全く痛みをなくすことが出来るとはいえません。
ここで、じゃあひどくなることもあるかもしれないと思うかもしれませんがその心配はありません。
低用量ピルにはさまざまな種類があり詳しくは病院で検査や問診を受けた後に自分になるべく合ったものを紹介されたり試すことが一番ですがその中であったものを見つけられますので生理痛のようにただ薬を飲んで我慢するというよりも自分で軽減するための手段があります。
そして気になるのが値段ですが一度自分に合った低用量ピルを見つけることが出来たら病院へ通院するよりもネットで買うほうが何割もお得です。
種類によって多少前後しますが1300円前後で購入することが出来ます。これが1シート、1か月分の値段です。
これを一日一錠忘れずに飲み一週間だけは飲まない、もしくはダミーの用意された粒を飲む、それを繰り返すのです。

低用量ピルの通販サイトについて

低用量ピルは、日本国内では処方箋がなければ購入できないため、一般のドラッグストアや薬局などでは販売されていないものです。
購入の際には病院で医師の診察を受け、処方箋をもらってから調剤薬局などで購入できるものになります。
しかし、ネットを見ていると通販で購入できるサイトがいくつもあります。あのサイトでは処方箋は必要ないのでしょうか。
ネットで低用量ピルを販売しているサイト個人輸入の代行を行うサイトです。
通販サイトで低用量ピルを購入しても、日本国内から発送されるわけで把握、海外から発送されてくるものです。
自分で使う量ならば、海外で販売されている医薬品を個人輸入することには何の問題もありません。
海外で販売されている低用量ピルを購入する際には医師の処方箋は必要なく、日本国内でネット通販を行うのと同じように手軽に購入することが可能です。
通販サイトも日本語ですし、支払いもすべて日本円で行える上、産婦人科などでは保険が使えず1シート3000円ほどの費用が掛かかるものが、通販サイトを通じて海外から個人輸入を行った際には半額近くになるものもあります。
低用量ピルが処方箋もなく、低額で購入できる便利な通販サイトではありますが、日本国内のように商品が合わなかったからという返品は出来ません。
また、他人に譲ることもできません。日本では医薬品を使って何らかの重大な症状が出たときには国が治療費などを補償してくれる制度がありますが、海外から個人輸入したものでは身体に何らかの異常が起きてもすべて自己責任となってしまいます。
低用量ピルの服用方法や副作用などをしっかりと把握したうえで、通販サイトを通じての個人輸入を行うようにしましょう。

■ではおすすめのサイトをご紹介します
低用量ピル 通販

ページの先頭へ戻る