低用量ピルとしびれとネットについて

低用量ピルは、月経困難症などの、生理痛がひどく激しく痛みがある女性が、婦人科やまたは産婦人科などで、検査や問診をおこなった結果、出されるお薬であり、とても使用については、注意が必要とされるものとなっています。

たとえば、月経困難症を治すために、低用量ピルが処方される場合には、お医者さんから、とても取り扱いに注意をおこなうようにと、注意喚起がされます。

または、看護師さんから、実際に低用量ピルを飲むときの注意点などや、飲み方、飲む時間、飲む頻度などについて、いろいろな注意点を説明されて、ようやく処方がされるものです。

また、このように処方され、月経困難症を治す場合に、低用量ピルを正しく飲んでいても、個人差により、飲み始めてから、ふらつきやしびれが出てしまうというケースもあるくらいです。

時間などをきっちりと守り、正しく処方された通りに飲んでいても、体調や他のお薬などの関係から、手足がしびれはじめ、低用量ピルによる治療をあきらめる人もいます。

ただ、しびれなどについては、上記のような医療機関から出されたものであれば、服用をやめていくうちにしびれなどはなくなり、前のように体調が戻ります。

ネットなどでも、低用量ピルが販売されていることがありますが、上記のように、低用量ピルは取り扱いがとても大変な薬であるため、むやみに安価であるからといった理由で、購入をネットで海外などいろいろなところからおこなってしまうと、同じようにしびれやめまいなどが出る可能性がとても高いです。

特に、怪しいネットでの販売では、正式や正しい方法で作られた低用量ピルでない、という可能性も高く、とても危険性がともなってしまっています。

ページの先頭へ戻る