低用量ピルとマナーと長距離について

低用量ピルには、いろいろな役割があります。

避妊のためのもの、という役割だけでなく、低用量ピルには、他にも女性の生殖機能や体、女性ホルモンなどのバランスを整えるための目的などがあり、苦しい症状の女性を助けてくれる役割を持っています。

例えば、よく聞く、生理痛の酷い症状のことを月経困難症といいますが、これにも低用量ピルが治療で使われることがあります。

もちろん、個人差があるため、必ずピルが体に合うか?と言えば、どうしても体に合う人と合わない人とに分かれてしまうため、ピルを使っても改善がされないケースもあります。

低用量ピルは、この他にも、子宮内膜症や更年期障害を治すための治療にも使用がされています。

更年期障害とは、よく40代からの女性がなる病気であり、酷いイライラ感や酷い汗などが出てしまう、体がほてってしまう…などの障害が出てくるものです。

これにも低用量ピルが使用されています。

ところで、低用量ピルには、上記の他にも、有名な使い道として、避妊のための役割があります。

妊娠を望まない女性の場合、低用量ピルを使用することは、ある意味でマナーであり、また、男性もコンドームなどを使用して、妊娠を防ぐことはマナーとなっています。

これらのことを行わずに、性交渉を何人もの人と行う水商売やキャバクラ譲などの場合、マナー不足のため、妊娠が発覚し、赤ちゃんをおろしてしまうことになってしまい、とてもトラブルが多発しています。

性交渉の際に、長距離からの性交渉だから、何の問題もない、と男性も上記の女性も考えがちですが、長距離であっても、上記のように妊娠する確率はあります。

また、ピルなどを使わず、コンドームも使わず、長距離で性交渉を行えば、当然、妊娠する確率もあるわけです。

ページの先頭へ戻る