• 肝硬変を患っている場合の低用量ピルの使用と偽薬

    2016年4月26日

    ピルはもともと避妊のために開発された薬です。ただ現在では月経痛の緩和や子宮内膜症の治療などにも使用されるなど、女性特有の体調とメンタル面を安定させるための薬としても使用されています。 低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが含まれており、1日1錠を服用することで、体内の女性...

    記事の続きを読む